現在Webサイト改修中です!ページ崩れはご了承ください!

深爪で悩むあなたへ!ジェルネイルで美しい指先へ

深爪で悩むあなたへ!ジェルネイルで美しい指先へ
ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルは、ただ爪を彩るだけでなく、手元の美しさを引き立て自信につながる素敵なツール。指先の印象を大きく左右する深爪に悩んでいる方にも、その対策としてジェルネイルはおすすめ

Ami

ジェルネイルは、自爪を保護し補強する役目や、見た目の改善といった効果が期待できます。また、カラーやデザインを施すことで、指先を美しくしてくれます。

ジェルネイル実践記 編集部

このページでは、適切なジェルの選び方や施術前の準備から、深爪を美しく見せる色の選び方やデザインの工夫、ネイルの形と長さの調整方法もご紹介
流行りのジェルネイルデザインとそのアレンジ法、シーンに合わせたおすすめデザインもご提案しますので、深爪にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

目次

コンテンツリード・編集

編集部アイコン

ジェルネイル実践記編集部
ジェルネイル実践記の編集部です。編集部では、主にネイリスト様とやり取りをして記事の編集や商品選定を行っています。おかげさまでジェルネイル実践記は4年目を迎え、少しずつ成長しています!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コンテンツの監修含む手順・ポイント・画像提供等

ライターアイコン

ami
【JNECネイリスト検定1級】と【JNAジェルネイル検定上級】保持。ネイリスト資格取得後、現場では6年勤務。新店舗の立ち上げや指導等も経験。現在は専業主婦で友人などにネイルを施す日々を過ごす。

深爪とは?

深爪とは、爪が通常よりも深く切り込まれた状態のことを指します。実は、多くの方がこの深爪に悩まされているのです。

深爪は見た目だけでなく、爪そのものの健康にも影響を及ぼすことがあります。それに、自己流でケアをすると、さらに状態を悪化させてしまう可能性も。でも、深爪だからといって、ジェルネイルをあきらめる必要はありません深爪の原因と特徴を正しく理解し、適切なケアを心がけることが大切です。

深爪の原因と一般的な特徴

深爪は、爪を噛む癖や誤った爪の切り方、さらにはストレスや緊張によっても起こり得ます。爪が弱って伸ばせない状態になることも深爪になる原因です。

ジェルネイル実践記 編集部

深爪になるとどんどん爪の土台が小さくなって指先が痛みやすくなり、時には爪の形が歪むこともあるんですよ。

深爪の一般的な特徴

  1. 爪の長さ:短い爪が特徴で、指先に爪がほとんど見えない状態になります。深爪の状態が長く続くと、ネイルベッドがより深くなっていき、土台が短くなってしまいます。土台が小さくなると爪を支える力が劣り、さまざまな支障が出てきてしまうことも。
  2. 痛みや不快感:爪の縁が深く切られることで、指先が敏感になり、痛みや不快感を引き起こすことがあります。爪と皮膚をつなぐハイポニキウム部分が剥き出しになり、外部からの刺激も受けやすくなります。
  3. 形の歪み:長期間深爪が続くと、爪の形が歪んでしまうこともあります。長さがないため十分に形をつくることができず、見た目の矯正も難しくなります。
Ami

しかし、深爪の方でもジェルネイルを適切に施すことで、これらの問題を上手にカバーすることが可能です。

ジェルネイルを用いるメリット

  • 見た目の改善:ジェルネイルを施すことで、爪が短く見えるのをカバーし、手元を美しく見せることができます。
  • 保護作用:ジェルネイルは爪を保護し、外部からの刺激に強くなります。自爪の強化もできます。
  • 自信の向上:見た目が改善されることで、自信を持って手元を見せることができるようになります。
  • 爪の成長を助ける:ジェルに保護されることによって割れにくくなり、爪を伸ばしやすくなります。噛み癖がある方にも効果的です。
Ami

ただし、深爪の状態によっては、ジェルネイルの施術方法に注意が必要。深く切られた爪は非常に敏感で、痛みを感じやすいため、施術の際は慎重に行うことが大切です。また、爪が弱っている状態では、ジェルネイルを長持ちさせるために特別なケアが必要になることもあります。

深爪の方向けの施術時ポイント

  1. 優しい施術:爪が敏感なため、施術中は優しく丁寧に扱います。爪の先端、皮膚に近い部分は特に優しく扱いましょう
  2. 保湿ケアの重視:爪と周囲の皮膚を保湿することで、痛みを和らげ、爪の健康を保ちます。
  3. デザインの選択:深爪の状態を考慮し、爪に負担をかけないデザインを選びます。
ジェルネイル実践記 編集部

以上のように、適切なケアと施術を心がけることで、深爪でもジェルネイルは十分楽しむことが可能です。

深爪がジェルネイルに与える影響

Ami

深爪は見た目を損ねるだけでなく、ジェルネイルの施術にも影響を与えることがあります

ジェルネイル実践記 編集部

ここでは、深爪がジェルネイルに与える影響と、ジェルネイルを施す際のポイントや対処法について見ていきましょう。

ジェルネイルの持ちが悪くなる

  • 爪が短いと、ジェルを支える土台が小さくなるため、ジェルの接着力が弱くなり、浮きやすくなる。
  • エッジが小さくなるため、剥がれやすくなる。先端を覆うのが難しいので、特に先端からのリフトに注意
先端にジェルを塗る

爪へのダメージ

  • 深爪の爪は薄くデリケートなため、ジェルネイルの施術でダメージを受けやすい。
  • 爪への負担が少ないソフトジェルの使用や、施術回数を控えめにすることでリスクを軽減できる。

見た目の問題

  • 深爪は爪が短く見えがちで、ジェルネイルのデザインが限られることがある。
  • フレンチネイルやグラデーションネイルなど、爪を長く見せるデザインや、ベージュやピンクなどの明るめカラーを選ぶことで、見た目を改善できる。
  • 爪が非常に短い場合は、長さ出しをする必要がある。

感染リスク

  • 深爪の場合、爪と皮膚の境界が不明瞭になりやすく、感染症のリスクが高まることがある。
  • ハイポニキウム(爪の根元にある皮膚で、爪を守る役割をする)が露出してしまうので、外部からの刺激を受け傷になりやすく、出血の可能性もあります。
  • 清潔に保ち、定期的なネイルケアで予防することが重要
Ami

さらに、深爪の方はジェルネイルを長持ちさせるために、以下のような工夫をすると効果的です。

  • 爪の健康を保つために定期的なネイルケアが必要
  • 手や爪の周りの皮膚を保湿することで、健康な爪を育てるサポートになる。ネイルオイルやハンドクリームでOK。
  • 爪の形に合わせたデザイン選びが大切。
Ami

深爪の状態によっては、ジェルネイルの施術を控えることも重要です。特に、爪や皮膚に炎症や感染症がある場合は、ネイルの施術を避け、まずは爪の健康を回復させることが最優先です。

深爪でもジェルネイルは可能!

ジェルネイルで指先を美しく見せたいと思う方は多いですよね。深爪でもジェルネイルを楽しむことは可能です!

深爪の状態に合わせて、適切なジェルネイルを選ぶことで、指先を魅力的に演出しつつ、爪の健康も守ることができます。

深爪に適したジェルネイルの種類

Ami

深爪の方に適したジェルネイルは、爪への負担が少なく、見た目を美しく見せることができる種類を選ぶことが重要です。

ジェルネイル実践記 編集部

ここでは、深爪に最適なジェルネイルの種類とその特徴を紹介します。

深爪に適したジェルネイルの種類

  1. ソフトジェル
    • 特徴:柔軟性があり、爪に優しい。オフがしやすいのも魅力。
    • 適用:爪が薄く敏感な深爪におすすめ。
  2. カラージェル
    • 特徴:豊富な色展開で、見た目を美しく演出。
    • 適用:爪の短さをカバーし、華やかな印象に。
  3. ビルダージェル
    • 特徴:強度があり、爪を保護する。
    • 適用:爪の補強が必要な場合に適しています。
  4. ヌードカラージェル
    • 特徴:自爪に近い色で、自然な仕上がり。長さが目立ちにくい。
    • 適用:ナチュラルなスタイルを好む方に。

選ぶ際のポイント

  • 深爪の爪はデリケートなので、爪への負担を考慮して爪に優しいジェルを選びます。
  • 深爪特有の短さをカバーできる色やデザインを選びます。
  • 爪を保護し、健康を維持できる種類を選ぶことが重要です。
ジェルネイル実践記 編集部

深爪の方は、ジェルネイルの選択に特に注意が必要です。ポイントを押さえれば、深爪の方でも自信を持ってジェルネイルを楽しむことができますよ。

カラージェル(コンテナ型)の見本商品

created by Rinker
ネイル レシピ
¥2,880 (2024/04/20 22:17:00時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ
created by Rinker
ネイル レシピ
¥3,184 (2024/04/20 22:17:00時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

ビルダージェルの見本商品

created by Rinker
Naility!(ネイリティ!)
¥1,199 (2024/04/20 16:35:32時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ
created by Rinker
メルティージェル(MELTY GEL)
¥1,905 (2024/04/20 20:01:24時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

施術前の準備と注意点

Ami

ジェルネイルを施す前の準備と注意点は、特に深爪の方にとって重要です。適切な準備をすることで、ジェルネイルの持ちを良くし、爪へのダメージを軽減できます

ジェルネイル実践記 編集部

ここでは、深爪の方がジェルネイルを施す前に行うべき準備と注意点をご紹介します。

爪の健康状態のチェック

  • 爪や周囲の皮膚に炎症や感染がないか確認する。
  • 爪が著しく薄い、または弱っている場合は専門家のアドバイスを受ける。

爪の形を整える

  • 深爪でない部分を優しく整え、できるだけ自然な形にする。
  • 爪切りではなく、爪やすりを使用して優しく形を整える。
  • 先端はあまり触らず、両サイドの角がなめらかになるように削る。

保湿ケアを行う

  • ジェルネイル施術前には、爪と周囲の皮膚の保湿ケアが重要。
  • 爪を乾燥から守り、健康な状態を保つために保湿クリームやオイルを使用する。

カットバックやキューティクルケア

  • カットバックを適切に行い、爪周りの清潔を保つ。
  • キューティクルを優しくケアして、爪の成長を助ける。

基本的なネイルケアの徹底

  • 定期的なネイルケアで、爪を健康に保つことがジェルネイルの成功に繋がる。
  • ネイルケアは自分で行うか、プロのネイリストに相談する。
Ami

深爪のデリケートな爪を整えるときは、薄めのエメリーボードを使うのがおすすめです。細かい隙間にも入れやすいので小さな爪にも適しています。

エメリーボード
エメリーボード
ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルはただ美しくするだけではなく、爪の健康も考慮することが大切です。適切な準備とケアで、健康な爪と美しいジェルネイルを両立させましょう。

ネイルファイルセットの見本商品

ネイルオイルの見本商品

created by Rinker
MIKAGAMI
¥950 (2024/04/21 02:01:36時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

深爪を美しく見せるジェルネイルテクニック

深爪の悩みを持つ方にとって、ジェルネイルはまさに救世主。短い爪でも、ジェルネイルを用いることで、手元を華やかに、そして洗練された印象に変えることが可能です。

しかし、単にジェルネイルを施すだけではなく、深爪特有の短さをカバーしつつ、美しさを引き立てる色選び、デザインの工夫が重要になってきます。

たとえば、明るいカラーや目を引くデザインは、爪を長く見せる効果が期待できます。また、爪の形状に合わせたデザイン選びもポイントです。

ネイルの形と長さの調整方法

Ami

深爪の方がジェルネイルを楽しむ際、最も大切なのは、ネイルの形と長さの調整です。適切に調整することで、手元を美しく見せ、深爪の悩みをカバーすることが可能になります。

深爪におすすめの形

  • オーバル形
  • アーモンド形

深爪の方におすすめのネイルの形は、オーバルやアーモンド形。指先を長く、細く見せる効果があります。角ばった形よりも自然なカーブが、手元を柔らかく、優雅な印象にしてくれるでしょう。

Ami

深爪で先端がストレートになってしまっている場合は、サイドの角だけを取ってスクエアオフにすると整って見えます

ネイルの長さと調整方法

  • 自然な長さが良い
  • ジェルやチップで少し長さを出す
  • 長さ出しは、数本だけ深爪で悩んでいる方にもおすすめ。深爪の場合、長さを出しすぎないように注意。

深爪の場合、あまり長くすると不自然に見えることがあります。適度な長さを保つことが重要です。自爪が短い方は、ジェルで少しだけ長さを出す程度に留めるとバランス良く仕上がります

Ami

また、チップでの長さだしは、どれだけ深爪になっていても長さを出せるツールです。部分的に深爪になりやすい方や、簡単に長さを出したいときに便利です。

カラー選びのポイント

Ami

深爪の方は、ジェルネイルのカラー選びも重要です。明るい色や透明感のあるカラーを選ぶことで、指先を明るく見せることができます。ダークな色よりも、パステルカラーやヌーディーな色がおすすめです。

  • 明るい色や透明感のあるカラーを選び、爪の長さをカバー
  • 肌馴染みの良いパステルカラーやヌーディーな色が好ましい
  • あえてダークカラーやビビットカラーを選ぶと派手可愛い雰囲気に
ジェルネイル実践記 編集部

これらのポイントを抑えることで、深爪の方でもジェルネイルを美しく楽しむことができます。形や長さ、カラーの選び方に少し工夫を加えるだけで、指先の印象は大きく変わりますよ

色選びとデザインの工夫

ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルの色選びとデザインの工夫は、手元を美しく見せる重要なポイント。深爪の特徴を活かしつつ、洗練された印象を与えるためのアイデアをご紹介しましょう。

色の選び方

深爪の方は、爪が短いため、色選びには工夫が必要です。

  • 明るい色を選ぶ明るい色やパステルカラーは爪を長く見せる効果があります。
  • ダークカラーの使い方:濃い色は爪を短く見せがち。使う場合は、アートでアクセントをつけるのがおすすめです。
Ami

あえてショートネイルにダークカラーを塗るのも良いでしょう。カジュアルでトレンド感があり、短さを目立たせてオシャレに見せることもできます

デザインの工夫

デザイン一つで、深爪でも華やかな印象になります。

  • 縦長デザインを取り入れる:ストライプやフレンチネイルのような縦長デザインは、爪を長く見せる効果があります。縦グラデーションのようなニュアンスネイルも人気です。
  • シンプルなアートを選ぶ:複雑なデザインは爪を短く見せがち。また、深爪はアートを施せる面積が小さくなるので、複雑なデザインには向きません。シンプルなアートやワンポイントで洗練された印象にすると、長さをごまかしながら上品さを演出できます。
  • ワンカラー(単色):ショートネイルのワンカラーも人気です。ワンカラーは複雑な工程がなく、短時間で仕上げることができます。
ジェルネイル実践記 編集部

これらのアイデアを参考にして、さまざまなデザインを試してみるのも楽しいですよ。なにより、自分に合ったスタイルを見つけることが大切です。トレンドにとらわれず、自分に似合うスタイルを見つけてみましょう。

カラージェル(ポリッシュ型)商品

おすすめ

深爪のための特別ケアとジェルネイルの両立

深爪の方には、特別なケアが欠かせません。深爪は、爪が通常より深く切り込まれた状態で、放っておくと爪や周囲の皮膚に負担がかかり、さらなるトラブルに繋がることも…。

ジェルネイルを楽しむことは可能ですが、そのためには深爪特有のニーズに応える製品選びや、ジェルネイル施術後のケアが重要です。

深爪をケアするための製品選び

Ami

深爪のケアには、爪を保護しながらジェルネイルの美しさを引き出すための特別な製品選びが大切。深爪の状態に適した製品を使用することで、ジェルネイルをより長持ちさせると同時に、爪の健康をサポートできます

深爪におすすめのケア製品

  1. ネイルオイル
    • 効果:爪と爪周りの皮膚の保湿。柔軟性の向上。
    • 使用方法:日常的に使用し、乾燥を防ぐ。
  2. ネイル強化剤
    • 効果:爪を強化し、割れや欠けを防止。
    • 使用方法:ジェルネイルの下地として利用。
  3. カルシウム、タンパク質含有ネイル製品
    • 効果:爪の健康をサポートし、強度を向上。
    • 使用方法:定期的に塗布し、爪の健康を維持。
  4. 保護テープやパッチ
    • 効果:爪の敏感な部分を物理的に保護。
    • 使用方法:ジェルネイル施術前後に活用。

製品選びのポイント

  • 刺激の少ない、肌に優しい成分を含む製品を選ぶ。
  • 製品の特性を理解し、深爪の状態に合わせて選ぶ。
  • 製品は一度の使用ではなく、継続して使用することで効果を発揮。
ジェルネイル実践記 編集部

深爪のケアには、これらの製品を適切に選び、定期的に使用することが大切です。ジェルネイルとの両立を考えた製品選びにより、爪を美しく保ちながら、その健康も守ることが可能です。

ネイルオイルの見本商品

created by Rinker
MIKAGAMI
¥950 (2024/04/21 02:01:36時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

ジェルネイル施術後の深爪ケア方法

Ami

ジェルネイル施術後の深爪ケアは非常に重要です。適切なケアを行うことで、爪の健康を守りながらジェルネイルの美しさを長持ちさせることができます。

ジェルネイル実践記 編集部

ここでは、ジェルネイル施術後の深爪ケア方法についてご紹介します。

保湿ケアを徹底する:ジェルネイル施術後は、特に爪と周囲の皮膚の保湿が重要です。ネイルオイルやハンドクリームを使用して、爪とキューティクルをしっかりと保湿しましょう

ネイルオイルで保湿

爪への負担を減らす:重たいデザインや長すぎるネイルは爪に負担をかけます。シンプルで軽いデザインを選び、パーツやストーンの乗せすぎに注意しましょう。

Ami

コーティングも過度に分厚くする必要はありません

定期的なネイルチェックジェルネイルの浮きや剥がれがあれば、早めに修正することが重要です。また、定期的にネイリストによるチェックを受けることをおすすめします。

爪の休息期間を設ける:連続してジェルネイルを施すと、爪が薄くなる可能性があります。定期的にジェルネイルをオフし、爪に休息期間を与えましょう

正しいオフ方法を実践するジェルネイルのオフは爪に負担をかけるため、正しい方法で行うことが大切です。自己判断でオフせず、プロのネイリストに任せるか、適切な方法を学んでから行いましょう。

ジェルネイル実践記 編集部

これらのケアを行うことで、深爪の方でもジェルネイルの美しさを安全に楽しむことができます。爪に優しい日々のケアが、美しいネイルを長持ちさせる秘訣です。

created by Rinker
SHIRO
¥2,464 (2024/04/20 16:35:34時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

深爪用ジェルネイルデザインの提案

深爪の特性を活かしながら、流行りのデザインやアレンジを取り入れることで魅力的な指先にしていきましょう。

シンプルながらも洗練されたデザインや、季節感を取り入れた色使いがポイント。また、カジュアルからフォーマルまで、さまざまなシーンに合わせたデザインもご紹介します。

流行りのデザインとアレンジ法

ジェルネイル実践記 編集部

深爪の方でも楽しめる流行りのジェルネイルデザインとそのアレンジ法について見ていきましょう。最新のトレンドを取り入れつつ、深爪特有の悩みをカバーできるデザインのポイントをご紹介します。

流行りのデザイン

  • ミニマリスティック:シンプルで洗練されたデザインは、深爪の方にもおすすめです。細いラインや小さなドットなど、繊細なアートが特徴。極細のアートブラシを用意しておくのがおすすめ
  • ネガティブスペース爪の一部を塗らずに空けておくスタイル。フレンチやクリアニュアンスネイルなどが人気。このデザインは、深爪の短さを目立たなくさせる効果があります。
  • パステルカラー: 明るく柔らかい色合いのパステルカラーは、爪を華やかに見せ、手元を明るく演出します。

アレンジ方法

  • 色の組み合わせ: 2色以上のカラーを使って、独自の配色を試してみましょう。例えば、パステルピンクとホワイトの組み合わせは、優しい印象に
  • アクセントの追加:シンプルなデザインに、小さめのストーンやスタッズをプラスすることで、特別感が出ます。
  • フレンチネイルの変形:通常のフレンチネイルを少しアレンジ。変形にすることで、爪の長さ形が分かりにくくなります。例えば、斜めにラインを入れることで、モダンな印象に
Ami

これらのデザインとアレンジ方法を取り入れることで、深爪の方でも流行を取り入れたスタイリッシュなジェルネイルを楽しむことができます。普段使いから特別な日まで、シーンに合わせてアレンジを加えてみてください。

シーン別おすすめデザイン

ジェルネイル実践記 編集部

ここでは、さまざまなシーンに合うおすすめのジェルネイルデザインを見ていきましょう。

オフィスや日常使い

オフィスや日常使いには、シンプルで洗練されたデザインがおすすめです。ヌーディーカラーや淡いピンクなどの自然な色合いは清潔感があり、どんなファッションにも合わせやすくなります。また、深爪の場合は、爪を長く見せる効果のある縦長のラインデザインを取り入れると良いでしょう。

特別な日

結婚式やパーティーなど特別な日には、普段より少し華やかなデザインを選んでみましょう。キラキラとしたラメやストーンのアクセントを加えると、豪華な印象になります。深爪の方は、大きすぎるストーンよりも、小さなものをちりばめることで、上品な仕上がりになります

休日のカジュアルスタイル

休日のカジュアルなスタイルには、少し遊び心のあるデザインがおすすめです。ポップな色使いや、ユニークなパターンを取り入れてみると、楽しげな印象に。深爪の方でも、カラフルなデザインは、指先を明るく見せる効果があります

Ami

シーンに合わせてデザインを選ぶことで、深爪の方でもジェルネイルを存分に楽しむことができます。自分のライフスタイルや好みに合わせて、色々なデザインを試してみてください。ファッションの一部として、日々の生活を彩る素敵な要素となるでしょう。

ジェルネイル実践記 編集部

深爪の方でも、工夫次第で様々なデザインを楽しむことができるんですね。みなさん、ぜひチャレンジしてみてください。

終わりに

ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルは、自分のスタイルを表現する素晴らしい方法です。深爪であっても、色々なデザインを楽しむことで、自信を持って手元を見せることができます。

Ami

ジェルネイルを行う際は、爪へのダメージを最小限に抑えるためにも、質の良い素材を選ぶこと、正しい施術方法を学ぶことが大切です。深爪の方は特に、爪の健康を守るために、ネイルケアも忘れずに行いましょう。

ジェルネイル実践記 編集部

このページで紹介した深爪を美しく見せるテクニックやデザインアレンジなどを参考に、深爪を上手にカバーし、魅力的なネイルアートを楽しんでみてください。

コンテンツへ戻る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ジェルネイル実践記の編集部です。編集部では、主にネイリスト様とやり取りをして記事の編集や商品選定を行っています。おかげさまでジェルネイル実践記は4年目を迎え、少しずつ成長しています!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

目次