現在Webサイト改修中です!ページ崩れはご了承ください!

セルフオフデビュー!ジェルネイルオフ用品の選び方と使い方

セルフオフデビュー!ジェルネイルオフ用品の選び方と使い方
ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルを長持ちさせるためには、定期的なオフケアが欠かせません。しかし、いざオフとなると、「サロンに行く時間がない」「自分でオフをすると爪が傷みそう」と不安に思う方も多いはず。

Ami

実は、正しい知識と適切なオフ用品を使えば、自宅で簡単に、そして爪を傷めずにジェルネイルをオフすることができるんですよ。ただし、セルフオフをする場合、まずオフ用品の選び方や使用方法などがとても重要になってきます。

ジェルネイル実践記 編集部

このページでは、ジェルネイルをオフする際に押さえておきたい正しい知識はもちろん、必要なオフ用品の種類や選び方、手順やポイント、おすすめのケア用品まで幅広くご紹介します。

目次

コンテンツリード・編集

編集部アイコン

ジェルネイル実践記編集部
ジェルネイル実践記の編集部です。編集部では、主にネイリスト様とやり取りをして記事の編集や商品選定を行っています。おかげさまでジェルネイル実践記は4年目を迎え、少しずつ成長しています!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コンテンツの監修含む手順・ポイント・画像提供等

ライターアイコン

ami
【JNECネイリスト検定1級】と【JNAジェルネイル検定上級】保持。ネイリスト資格取得後、現場では6年勤務。新店舗の立ち上げや指導等も経験。現在は専業主婦で友人などにネイルを施す日々を過ごす。

ジェルネイルをオフするときの基本知識

ジェルネイルリムーバー(アセトン)、アルミフォイル、綿
ジェルネイルオフに必要なアイテム

ジェルネイルをオフしたいと思ったとき、サロンでプロのケアを受けるのもいいですが、自宅で手軽にできれば、ジェルネイルの楽しみ方も広がるはず。しかし、間違ったオフ方法は爪を傷める原因にもなります

そこで大切なのが、ジェルネイルをオフする際の基本知識です。あわせてサロンオフとセルフオフ、それぞれのメリットデメリットも知っておきましょう。

ジェルネイルオフとは

ジェルネイルオフとは、ジェルネイルを爪から安全に除去するプロセスです。
ジェルネイルは通常のマニキュアと異なり、硬化剤によって硬化しているので、通常の除光液では落とすことができません。専用のリムーバーやマシンを用いて、ジェルネイルを溶かしたり削ったりして除去する必要があります

Ami

一般的には2~3週間程度でオフするのがおすすめ。それ以上放置すると、ジェルネイルが浮いてきたり、欠けたりして、見た目が悪くなったり、爪を傷つけてしまう可能性があります。

ジェルネイル実践記 編集部

自宅でオフする場合は、まず必要なオフ用品をそろえましょう。適切な用品と正しい方法で行えば爪を傷つけることなく、安全にジェルネイルを取り除くことができます。

必要なオフ用品

  • リムーバー(アセトン)
  • コットン
  • ホイル
  • ネイルプッシャー(ウッドスティック)
  • ネイルファイル

サロンオフとセルフオフのメリット・デメリット

ネイルサロンでオフするイメージ
ネイルサロンでオフするイメージ
ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルは、サロンでのオフはもちろん、自分でオフすることも可能です。どちらを選択したらいいのか分からない方は、メリット・デメリットを比べてみましょう。

サロンオフ

ネイルサロンでプロのネイリストにオフしてもらう方法です。安全性が高く、爪への負担も少ないのが特徴です。

メリット

  • プロによる安全な施術
  • 爪への負担が少ない
  • 時間と手間がかからない

デメリット

  • 費用がかかる
  • 予約が必要
  • 時間や場所が制限される
Ami

初めてのジェルネイルの場合、サロンオフを選んで、どのような用品を使っているのか、オフの手順など見てみるのもいいですね。

セルフオフ

自宅で自分でオフする方法です。費用を抑えられる一方、正しい知識と技術が必要となります。

メリット

  • 費用を抑えられる
  • 時間や場所を選ばない
  • 自分のペースでオフできる

デメリット

  • 正しい知識と技術が必要
  • 時間と手間がかかる
  • 爪を傷つけるリスクがある
Ami

自宅であれば、好きな時間にリラックスしながら行え、繰り返し使えるオフ用品を購入すれば長期的に見て経済的です。

自宅でジェルネイルをオフする際のポイント

  1. 適切な用品の選択:ジェルネイル専用のリムーバーやファイル、ウッドスティックなど、正しい用品を使用しましょう。
  2. 優しく丁寧に:自爪を傷めないよう、力を入れすぎずにゆっくりとオフしましょう。
  3. 保湿は必須:オフ後は爪に保湿を行い、爪の健康を保ちましょう。

オフ用品の種類と選び方

コットンとリムーバー
コットンとリムーバー

ジェルネイルをオフする際には、適切な用品と正しい使い方を理解することが大切です。
オフ用品には、さまざまな種類があります。それぞれの用途や選び方を知り、自分に合ったものを選んでいきましょう

ジェルネイル実践記 編集部

以下に、ジェルネイルを効果的にオフするために必要なアイテムをリストアップしました。

  • リムーバー:ジェルを柔らかくするために必要です。アセトンベースのものが一般的。
  • コットン:リムーバーを含ませて使用します。
  • ホイル:コットンを爪に密着させるために使用します。
  • ネイルプッシャー(ウッドスティック):柔らかくなったジェルを取り除くときに使います。
  • ネイルファイル:ジェルの表面を整えるために必要です。
  • 保湿クリーム(キューティクルオイル):オフ後の爪の保湿に使用します。
Ami

ジェルネイルオフ用品を選ぶ際のポイントは、自分の爪の状態やオフの頻度に合わせた適切なアイテムを選ぶことです。市販されているオフ用品は多種多様で、それぞれに特徴があります。自爪を傷めず、効率的にオフできる用品を選ぶことが大切です。

ジェルネイル実践記 編集部

ここからは、オフ用品の選び方を見ていきましょう

リムーバーの選び方

ジェルネイルをオフする際、最も重要なアイテムがオフ用リムーバーです。ジェルネイル専用の成分が含まれており、ジェルを柔らかくしてオフしやすくする効果があります。

  • 種類
    • アセトン:一般的なリムーバーで、速効性があり、効率的なオフが可能。オフ力は強いが、刺激臭がしたり爪や皮膚を乾燥させやすかったりといったこともある。
    • ノンアセトンリムーバー:刺激に弱い方は、ノンアセトンのリムーバーや、爪に優しい保湿成分を含むものを選ぶと良い。
  • 容量:使用頻度に合わせて適切な容量を選ぶ。
  • ブランド:信頼できるブランドの製品を選ぶことが重要。
Ami

オフ用リムーバーを適切に使用することで、爪を健康に保ちながら、ジェルネイルの楽しみを続けることができます。自分の爪に合ったリムーバーを選び、効果的にジェルネイルをオフしましょう。

ジェルリムーバー/ジェルネイルリムーバーの見本商品

created by Rinker
D-UP(ディーアップ)
¥716 (2024/04/20 18:41:47時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ
created by Rinker
ネイリスト
¥770 (2024/04/20 20:53:04時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

コットンの選び方

コットンは、リムーバーを爪に密着させるために使います。薄くても問題はありませんが、リムーバーをしっかりと含む厚みのあるものがおすすめです。

Ami

使いやすいサイズを選ぶのもポイント。一般的なコットンを、爪のサイズに合わせて小さく切って使用することが多いです。

コットン・ワイプの見本商品

ホイルの選び方

リムーバーを含ませたコットンを指先に固定させるために使います。揮発性の高いアセトンの蒸発を防ぎ、効果的にジェルに作用させるためにホイルで固定します

Ami

市販のネイル用ホイルがおすすめです。家庭用アルミホイルでも代用可能。ただし、しっかりと指先を包める大きさにカットして使います。

created by Rinker
東洋アルミ(Toyo Aluminium)
¥697 (2024/04/20 08:42:42時点 Amazon調べ-詳細)

ネイルプッシャーの選び方

ネイルプッシャーは、ジェルを優しく押し上げるために使用します

  • メタルプッシャー:硬いジェルをしっかり押し上げたい方におすすめ。
  • ウッドプッシャー:自爪を傷つけにくいので、初心者の方や柔らかい爪の方におすすめ。
  • シリコンプッシャー:メタルプッシャーとウッドプッシャーの中間の硬さで、使いやすい。

ジェルの状態に合わせて使い分けられるように、メタルプッシャーとウッドプッシャーの両方を用意しておくといいでしょう。

Ami

ウッドスティック(オレンジスティック)もあると便利。ジェルを優しく押し上げるのに適しています。金属製のものよりも爪に優しいです。

キューティクルニッパー・プッシャーセットの見本商品

created by Rinker
PROTAIR(プロテア)
¥1,380 (2024/04/20 11:04:27時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

ファイルの選び方

ファイルは、ジェルの表面を削ってリムーバーの浸透を助けたり、爪の形を整えたりするときに使用します

  • グリット数ジェルオフには100~180Gが目安。数字が小さいほど粗い。
  • 素材:金属製は削り力が強い。スポンジ製は細かい調整に適している。
  • 形状:ストレート型、ラウンド型など。使いやすいものを選ぶ。
Ami

初心者の方は、180Gのスポンジファイルがおすすめです。

オフ用品選びのポイント

  • 爪の健康を考慮:爪を傷めないよう、優しい成分のリムーバーや適切な硬さのファイルを選びましょう。
  • 使用頻度に合わせる:頻繁にオフする場合は、爪に優しい用品を選ぶことが重要です。
  • 保湿は重要:オフ後の保湿ケア用品も忘れずに。爪の乾燥を防ぎます。
  • ブランドと価格:信頼できるブランドの製品を選ぶと安心ですが、価格とのバランスも考慮しましょう。
ジェルネイル実践記 編集部

自分の爪に合ったオフ用品を選ぶことで、健康的な爪を保ちながらジェルネイルを楽しむことができます。適切な用品選びで、美しい仕上がりと爪の健康の両立を目指しましょう。

ネイルファイルセットの見本商品

ジェルネイルオフの手順とポイント

オレンジスティックや木製の爪楊枝を使用して、柔らかくなったジェルを優しく剥がします
ネイルオフするイメージ

自宅でジェルネイルをオフする際には、適切な手順を踏むことが大切です。間違った方法でオフすると、爪を傷める原因になりかねません。まずは、オフに必要なアイテムをそろえ、正しい知識で進めていきましょう

Ami

ジェルネイルをオフする方法はいくつかありますが、ここでは最も一般的なアセトンリムーバーを使った方法を紹介します。

必要なアイテム

  • アセトンリムーバー
  • コットン
  • ホイル
  • ネイルプッシャー(ウッドスティック)
  • ファイル(100~180G)
  • 保湿クリームまたはキューティクルオイル

オフの手順とポイント

STEP
換気を良くする

アセトンリムーバーは揮発性の高い成分が含まれているため、換気を良くしてから作業を始めましょう。

STEP
ジェル表面を削る

ファイルを使って、ジェル表面のツヤがなくなるまで削ります。こうすることで、アセトンリムーバーがジェルに浸透しやすくなります

STEP
コットンにアセトンリムーバーを染み込ませる

コットンにアセトンリムーバーをたっぷり染み込ませます。コットンがひたひたになるくらいまで染み込ませるのがポイントです。

STEP
アルミホイルを巻く

アセトンリムーバーを染み込ませたコットンを爪に乗せ、アルミホイルでしっかりと巻きつけます。指とアルミホイルの間に隙間があると、アセトンリムーバーが揮発してしまうので、密着するように巻きましょう

STEP
10~15分放置する

アセトンリムーバーをジェルに浸透させるため、10~15分放置します。ジェルが完全に柔らかくなるまで待つことが重要です。

STEP
ジェルをオフする

アルミホイルを外すと、ジェルがふやけて浮いている状態になっています。浮いた部分のみをネイルプッシャーやウッドスティックを使って優しく取り除きます。ネイルの表面を傷つけないように、優しくジェルを押し上げます。

STEP
自爪の表面を整える

ファイルを使って、自爪の表面を滑らかに整えます。細かい粒度のファイルを使用し、爪を傷つけないように注意します。

STEP
保湿する

アセトンリムーバーによって爪が乾燥してしまうので、ハンドクリームやキューティクルオイルでしっかり保湿しましょう。

Ami

ジェルネイルをオフする際には、爪へのダメージを最小限に抑えることが非常に重要です。

  • リムーバーの量:コットンにリムーバーを含ませ過ぎると、液だれして肌に刺激を与える可能性があります。適量を心がけましょう。
  • 待ち時間:ジェルの種類や厚みによっては、もう少し長い時間が必要な場合もあります。焦らず、ジェルが十分に柔らかくなるまで待ちましょう。
  • 爪への負担:ジェルを無理に剥がすと爪を傷める原因になります。十分に柔らかくなっていることを確認してからオフしましょう。

ジェルネイルをオフするときの注意点

美しいジェルネイルは日常に彩りを加えてくれますが、それをオフするプロセスで爪を傷めてしまっては元も子もありません。特に、自宅でのオフは、サロンでのプロのケアに比べて、爪へのダメージが心配されることも。しかし、正しい方法と注意点を守れば、健康な爪を保ちながらジェルネイルを楽しむことができます

爪へのダメージを避ける方法

バッフィングブロックややすりでジェルの表面を軽く削り、リムーバーが浸透しやすくします
ネイルファイルで表面を削るイメージ
Ami

ジェルネイルをオフする際には、爪へのダメージを最小限に抑えることが非常に重要です。

ジェルネイル実践記 編集部

ここでは、ジェルネイルをオフする際の注意点として、まず爪へのダメージを避ける方法を見ていきましょう。

爪へのダメージを避けるためのポイント

  1. 優しいオフ用品の選択
    • アセトンは強力な溶剤ですが、爪に優しいタイプを選ぶこと。
    • 爪を保護する成分が含まれている製品が理想的。
  2. ネイルファイルの正しい使用
    • ジェルの表面を削る際は、爪を傷つけないように注意。
    • 爪の表面を軽く削るだけで十分。
  3. アセトンの適切な使用
    • アセトンを使用する際は、必要最小限の量に留める。
    • 長時間の浸漬は避け、推奨される時間を守る。
  4. オフの際の優しい扱い
    • ジェルが柔らかくなったら、無理に剥がさずに優しく取り除く。
    • 爪に力を加えすぎないように注意。
  5. オフ後の爪のケア
    • オフ後は、爪に栄養を与えるオイルやクリームでケア。
    • 定期的な保湿で爪を健康に保つ。
ジェルネイル実践記 編集部

オフ後の爪のケアについては、次で詳しく見ていきましょう。

ジェルネイルオフ後のネイルケア

ハンドケア
ハンドケア
Ami

ジェルネイルをオフした後のケアは、美しい爪を保つために欠かせません。ジェルネイルの繰り返し使用やオフの過程で、爪は思わぬダメージを受けることがあります。そのため、オフ後のケアはとても大切です。

オフ後のケア方法

  1. 保湿ケア
    オフ後の爪は特に乾燥しやすいので、爪と周囲の皮膚に保湿クリームやオイルを塗りしっかりとケアしましょう。
  2. 爪の補強
    爪が弱っている場合は、爪を補強するトリートメントやセラムを使用すると良いでしょう。
  3. 爪の休息
    連続してジェルネイルを行うと爪が疲れるため、時々は自爪を休ませる時間を設けましょう

オフ後のケアで注意すべき点

  • 強くこすらない:オフ後の爪は敏感なので、強くこするとダメージを与える可能性があります。
  • 過度な爪の切りすぎは避ける:爪が薄くなっている可能性があるので、切りすぎには注意しましょう。
  • 定期的なケアオフ後だけでなく、定期的に爪のケアを行うことが重要です。
ジェルネイル実践記 編集部

適切なケアを行うことで、爪の健康を守りつつ、ジェルネイルをより楽しむことができます。

爪の健康を保つために

Ami

爪の健康を保つためには、栄養を与えるケア用品の使用や、適切な爪の保護が欠かせません。また、日常生活での爪への負担を減らす工夫も大切です。

ジェルネイルオフ後のネイルケアには、保湿や栄養補給が鍵となります。爪を健康に保つための方法として、キューティクルオイルやクリームの使用が推奨されます。これらの製品は、爪に潤いを与え、強度を保つのに役立ちます。また、爪の成長を促進するサプリメントの利用も一つの方法です。

爪の健康を保つためのポイント

  1. 十分な保湿:ジェルネイルオフ後の爪は乾燥しやすいため、保湿クリームやキューティクルオイルでしっかりとケアしましょう。
  2. 栄養補給ビタミンやミネラルが豊富な食事を心がけ、爪の健康を内側からサポートします。
  3. 適切なオフ方法:無理に剥がさず、専用のリムーバーで優しくオフすることが大切です。
  4. 爪の休息期間:連続してジェルネイルを行うと爪が弱くなる可能性があるため、時々は自爪を休ませる時間を設けましょう。
  5. 爪の保護ネイルハードナーや保護用のクリアネイルを使用して、爪を外部のダメージから守ります
ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルオフ後の爪のケアは、美しいネイルを長く楽しむためにも重要です。これらのポイントを実践することで、爪を健康に保ちながら、ジェルネイルの魅力を存分に楽しむことができます。爪に優しいケアを心がけ、健康的な爪を目指しましょう。

ネイルハードナーの見本商品

created by Rinker
キャンメイク
¥396 (2024/04/20 21:15:56時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

ケア用品の紹介

ペンタイプのネイルオイル
ペンタイプのネイルオイル
Ami

ジェルネイルオフ後の爪のケアには、特定の用品が必要です。これらの用品を使うことで、爪を健康に保ち、次回のネイルアートも美しく仕上がります。

おすすめのケア用品

  1. キューティクルオイル(ネイルオイル)
    • 爪と甘皮に潤いを与え、乾燥から守ります。
    • 使用方法:オフ後の爪にオイルを塗り、軽くマッサージして浸透させます。
  2. ネイルクリーム(保湿クリーム)
    • 手全体の保湿に役立ち、特に甘皮周りのケアに適しています。
    • 使用方法:クリームを少量取り、爪周りに塗り込んでいきます。
  3. ネイルバッファー
    • オフ後の爪表面を滑らかに整えるために使用します。
    • 使用方法:爪の表面を優しくバッファーで磨きます。
  4. ネイル強化剤(ネイルハードナー)
    • 爪を強化し、割れや欠けを防ぎます。
    • 使用方法:クリアなネイル強化剤を爪に塗ります。
  5. ビタミン補給サプリメント
    • 爪の健康を内側からサポートします。特にビオチンやビタミンEが爪の健康に良いとされています。
    • 使用方法:日常の食事に加えて、ビタミンが豊富なサプリメントを摂取します。

ケア用品の選び方

  • 成分:自然由来の成分が含まれた製品を選ぶと、肌に優しいです。
  • 肌質に合わせた選択:敏感肌の方は、無香料や無添加の製品を選ぶと良いでしょう。
  • ブランド:信頼できるブランドの製品を選ぶことで、品質の安心感が得られます。
ジェルネイル実践記 編集部

ジェルネイルオフ後のケアは、次回のネイルアートへの準備でもあります。これらのケア用品を適切に使用することで、爪の健康を保ちながら、美しいネイルを楽しむことができます。

ネイルオイルの見本商品

created by Rinker
MIKAGAMI
¥950 (2024/04/21 02:01:36時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ

終わりに

Ami

ジェルネイルを自宅でオフする際には、適切なオフ用品の選び方と正しい手順が鍵となります。さまざまなオフ用品がありますが、自分の爪の状態やジェルネイルの種類に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。

ジェルネイル実践記 編集部

また、オフの際には爪へのダメージを最小限に抑え、ケアをしっかりすることも重要なポイントです。オフした後の爪は特にデリケートになっているため、保湿や栄養を与えるケア用品で爪を健康に保ちながらジェルネイルを楽しみましょう。

コンテンツへ戻る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ジェルネイル実践記の編集部です。編集部では、主にネイリスト様とやり取りをして記事の編集や商品選定を行っています。おかげさまでジェルネイル実践記は4年目を迎え、少しずつ成長しています!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

目次